Love Ginza : Blog

銀座の話題はもちろん、日々のいろいろ
<< 上海旅行記 準備〜DAY1 | main | JIMMY CHOO スタースタッズのSCARLET&フラットシューズ >>
上海旅行記 DAY2

<蘇州へ>

ホテルの朝ごはんはとってもおいしかったです。ジュースバーを見るだけでも元気が出そうな感じ。欧米風のビュッフェはもちろん、点心やおかゆなんかもあって充実です。朝ひとりでぼーっとできる時間があるのはいいかも。今回、各自ホテルをバラバラにしたのはとてもよかったと思われます。

さて、遅れちゃいけないと思ったのと地下鉄の駅まで歩く気が起きなかったので、タクシーでホリデイインまで。ホリデイインは2つ棟があるんだけど、なんちゃらウォールって方に行くために、運転手さんと、「あーこっちじゃなくてもういっこの方です」的な会話をしつつ(実際のところはジェスチャー+ノーノーの組み合わせw)無事10分前に到着。
・・・・が、9時になっても誰もいない。まずはwiwam氏に電話。ここで合ってるよね?「うん、ちょっと待ってて」・・・しかしなかなか来ない。5分ぐらいするとkojiくんが到着。その後は誰も来ない・・・。そして隣に座っていた黒人の女性がなんか大きな声で、「フロムオーストレーリア!」とこっちを向いて言っている。ん?見回してもその方向には私しかいない。あ、私に話しかけてるのね?と気づき、「あー、フロムジャパン!」と。そこから会話が弾み、どうやら彼女たちはアボリジニーで、親戚に日本人のお嫁さんがいるそうで、日本には親近感をもっているみたい。いろいろ話をしていたら、今日私たちが行く予定の蘇州には、昨日行ったことがわかったので、おススメスポットを教えてもらったりしていました。途中でwiwamくんとmkenくんが来たのは気づいたけれど、朝ごはんがまだだとかなんとかいって出て行っちゃったし、またしても源さんが来ていなかったので、しばし話しを楽しんでおりました。話も落ち着いたところで、残されていたkojiくんに電話がかかってきて、迷っていた源さんを捕獲した情報が入ったので、そっちに合流。もう10時ちょっと前じゃーん!9時に集合する必要あったんだっけーー?だったら、あたしもゆっくり朝食食べたのにぃ〜!と文句を言いつつ、新幹線の駅へと向かいました。

 

蘇州へは新幹線で30分ちょっと。日本の新幹線とまったく変わらない感じ。快適な旅です。
蘇州は水の都で、アジアのベネツィアと言われているそうですが、お水はとっても汚かったです(笑)古い町並みを見て、それからアボリジニのおばちゃん推薦のボートに。35元のモーター駆動ボートと、40元の手漕ぎボート(自分で漕ぐわけではないので大丈夫)があることを、kojiくんが読み取り、出発時間やらなんやらを確認してくれ、手漕ぎボートに乗ることになりました。しばし人混みから開放されてゆったりとした時間に。汚い生活用水垂れ流しの水路で、船頭のおっちゃんはカンツォーネではなく適当な鼻歌を歌っていました。途中で、家の中から出てきたおばちゃんが目の前に鍋の水を捨てるシーンに出くわしたり、、、とジャングルクルーズのようなドキドキもあり(笑)。蘇州って観光名所が点在しているので、これで蘇州を見たことにはならないんだろうけど、私はかなり満足でした。

 



そして、帰りの電車の時間を鑑みて、次は近めの拙政園に移動。ここもタクシーですが、今回は源さんが「リスクチームに参加してみる」ということで、私とkojiくんで別のタクシーに。このタクシーの運転手さん、途中でなんか言い出す。どうやら水を入手したいので、遠回りするがいいか?的なこと言ってるっぽい。いいか、っていうか、もう既にルート外れているような気がしますが・・・。で、自分のタクシー会社のガレージみたいなところに寄って、車を降りて水を取りに行ってしまった・・・。おっちゃん、自由だ・・・。もちろん、遠回りした分はちゃんと料金から引いてもらい、みんなからだいぶ遅れて到着。拙政園は世界遺産らしいのだけど、観光客の人たちは、岩の上によじ登ったりとかなり自由な行動をしてました。どの建物がどんな歴史を持っているのかよくわからず、ぐるーっと見て周り、帰りの電車の時間も近づいたので、駅へと戻ることに。
そんなこんなで、すっかりヘトヘトになったので、午後は各自自由時間に。
私は、新天地に行ってみたかったので、賛同者の源さんとmkenくんと3人で向かうことに。wiwamくんは疲れたからホテルで昼寝。kojiくんはマッサージに行くということで、上海駅で解散。
新天地は、欧米人が集まる繁華街みたいなところ。フランス風のカフェもいっぱいあって、確かにフランス語もちらほら。なんかちょっと落ち着くわ〜って空気でした。お昼ごはんに飲茶を食べて、パワーを回復。二人は本屋さん等に行くというので、そこで解散。わたしはアクセサリーショップや雑貨屋さんなどをふらふらーっと見て回って、ホテルに帰りました。
夜は、みんなとは別行動で、上海にいる会社の先輩(女性)とご飯を食べることにしていたので、一回シャワーを浴びて着替えてしばし休憩。

会社の先輩は、1年半前まで隣の課の課長さんだったんだけど、今は上海でマネージャーをしているというパワフルな人です。何食べたい?と事前に聞かれていたので、観光客が知らないようなB級グルメに連れてってほしいとリクエストしておりました。で、連れてってもらったのが、新天地からちょっと離れたところにあるディープな感じのお店です。イスラム系中華だそうで、もうお店入った瞬間の雰囲気が、たまらなくディープで、「あー、もう感激ですー。こういうところは絶対自分じゃこれないもの!!」と盛り上がり。1杯10元前後の麺をいただきまいした。刀削麺と、薄いお餅みたいなのが入ってる麺。どっちもおいしかったー。ほんとおいしかったんだよー。昨日のm on the bundよりおいしいかも(?)と思ってしまいましたw

 

 

お互いの近況報告から始まり、仕事の話とか、中国での女性の働き方とか、いろいろ話して。お互い彼氏ができてない話をして(笑)、、、楽しい時間をすごしました。
その後は「田子坊」というオシャレエリアへ移動。ここは、かわいい洋服や雑貨のお店がたくさん並んでいる女子向けスポットの模様。着いたのが21時ちょっと前だったので、お店が閉店する直前。これが昼間だったら、ついつい買い物してしまっていたこと間違いなし。途中でかわいい靴を見つけて見とれていたら、先輩が「ミカちゃん、、、やっぱり靴なんだ・・・・w」と呆れてました。軽く飲もうか、とオシャレな感じのカフェに入りましたが、なんとなくスムージーが飲みたくなって、ノンアルコールでのんびり。そう、こっちのスムージーは冷たくないのですよ。原則冷たいものは体に良くないという考えがあるらしく、冷たいのが飲みたいときはちゃんと冷たいかどうか確認しないとダメらいし。


おしゃれカフェ

でも、頭上の水槽が怖すぎてびっくり・・・(笑)

水槽の中に人民のみなさんが・・・

実は先輩は、日本に一時帰国をしていて、この日空港から直接私に会いに来てくれていたので、スーツケースを私のホテルに預けていたので、一緒にホテルまで戻って、そこで解散しました。明日は仕事なのに&疲れていただろうに、わざわざ時間を割いてくれて感謝です。でも、久しぶりに会えて楽しかったしパワーをもらいました。やっぱり同じ会社の女性で、共感できることもいっぱいあるし、アラフォー独身女性ということで、昔は会社で夜にくだらない話いっぱい聞いてもらったし・・・なんだかとても懐かしかったです。

さて、先輩とバイバイしたのですが、みんなはどうしてるかな?と思い電話をしてみると、mkenくんはひとりで夜の万博に。残りのみんなは新天地で飲んでいるところ、だそう。どうしようか悩んだけど、せっかく遊びに来ているんだし・・・と合流してみることに。
もうタクシーもひとりで乗れるようになりました。とにかく行き先を紙に大きな文字で漢字で書く。これで大丈夫。新天地でみんなに合流して、カクテルを何杯か飲みました。私が注文しようとしたら、お店の人が執拗に「それじゃなくてこっちを飲んだほうがいい」と薦めるので、言われるがままにしてみたら、コスモポリタンが出てきた。んー、センス良いかも。わたしは普段はあまりお酒は飲まないんだけど、コスモポリタンは大好きなんだよね。(SATCの影響はもちろんですが)。隣のお店では、ロックの生演奏をしていて、ふとGUNSのSweet Child o mineが流れてきて、、、「あぁ、これ私の曲じゃない!」的な気分になり、さらに飲んでしまい・・・。いやはや、今年で一番飲んだし酔っ払ったと思います。っていうか、過去1年間を振り返っても一番飲んだと思う。(と言ってもカクテル4杯ぐらいだけどさ)。wiwamくんの相変わらずの恋愛&結婚話を聞きつつ、なんか自分も熱く語りつつ・・・で、最終的には隣のライブやってるバーに行って、BON JOVIの曲でさらに盛り上がり、なんか知らない欧米系のおっちゃんとキャッホーイって踊って、相当酔っ払ってヘロヘロになって帰途に。
で、こんなに酔っ払ってるカワイイお嬢さんをですよ、みんなは、わたし一人をタクシーに乗せ「帰れるよね?バイバイ〜」とドアを閉めて送り出してくれました。普通はですね、せめて運転手さんに「このコを○○ホテルまでお願いします」とか、それぐらいはねぇ?。ま、そこは私も大人の(強い)オンナなので。ちゃんと紙に漢字で書いてあるホテル名を運転手さんに出して、無事に帰りました。道路の青いネオンがキレイで、ウォン・カーウァイの映画みたいだな〜とぼんやり思いつつ。

そうそう、ウェスティンのベッドは「ヘブンリーベッド」という名前がついていて、寝心地がよいのが売りなのですが、ほんと一瞬で熟睡できちゃう。(ま、たいていどこでも熟睡できるんだけど、あたしは)。この日は、滅多にないぐらい楽しく酔っ払い、部屋に帰ってからもヘブンリーな夢をみたような気がします。
・・・そして、明け方4時ごろ、気持ち悪くなって目が覚めて、しばらく悶え苦しんでおりました(笑)。(でも吐かなかった!)

翌日は朝から万博行きです。
(つづく けど、きっと来週にUP)

つづき >>上海旅行記 DAY3へ

| | 23:33 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
ごぶさたです。いかがお過ごしですか?

>日本の新幹線とまったく変わらない感じ。
それもそのはず、日本から輸出した新幹線の電車そのものです。おととし乗りに行ったらあまりに同じなんでたまげました。

もちろん、コピー品がブラジルかどっかの新幹線入札でライバルになっちゃってるっぽいですけどねー。(笑)
| よんなん | 2010/09/20 5:41 PM |
>よんなんさん

お久しぶり!
っていうか、ニックネームで最初分からなかったよ〜!
汽車旅の・・・だよね?
懐かしいです。

そっかー、だから新幹線ネタにはすぐに反応してくれたのネ。これからもどーぞヨロシクです!

| ミカ | 2010/10/02 12:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
PROFILE
ミカへのメッセージはこちらから

最近読んだもの by booklog
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from mika7574. Make your own badge here.


follow mika0704 at http://twitter.com

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
↓ひたすらJALカード派です。買い物してヨーロッパ往復も手に入るなんて素晴らしい。





RECOMMEND
されど“服”で人生は変わる
されど“服”で人生は変わる (JUGEMレビュー »)
齋藤 薫
買い物大好きな人にも、節約派の人にも、おしゃれのヒントがたくさん載ってます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
qrcode
PROFILE