Love Ginza : Blog

銀座の話題はもちろん、日々のいろいろ
スイーツは別腹(GW香港旅行)
香港旅行の最後のまとめは、スイーツネタで。
前回、西貢に行った時に連れてってもらった「満記甜品(Honeymoon Dessert)」で温かいスイーツを食べてすっかり気に入ったので、今回も行きたい〜とリクエストしたところ、九龍駅にあったはずの支店が無くなっていたようで・・・。諦めていたところ、夕飯を食べた尖沙咀の近くにスイーツで有名な「糖朝」というお店があるとのこと。その日はそこへ行ってタピオカ入りマンゴースープ(冷たいスープ)を食べました。夜22時過ぎくらいだったと思うけど、お店の外まで行列ができていました。

で、結局翌日に、やっぱり満記甜品のが食べたい〜となり、ランガムプレイスの中にあるお店でがっつり。温かいのを食べたいと思っていたけれど、既に夏のように気温が高かったのでやはり冷たいものを・・・。今度は抹茶アイス入りでw。



んー、やっぱり甘いものはいつでもおいしいねぇ〜。
そして、だんだんお腹のくびれが無くなっていくのでありました・・・。ぎゃふん。
| 香港 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)
広東料理(謬酒家)&マッサージ(GW香港旅行)
もう一軒、中華でおいしかったレストランをご紹介。
中環駅の近くにある「謬酒家」という広東料理のお店で、ガイドブックにも載ってました。友達カップルが近くのランドマークマンダリンオリエンタルに泊まっていたので、近いところでとチョイス。当日の朝に予約しようとしたところ、予約はいっぱいと言われてしまったので、21時頃直接行って並びましたが、30分も待たずに入れました。
ここは皮蛋(ピータン)が有名だそうで、まずはお通し(?)にピータン。とても濃厚で半切れでも十分な感じ。一緒に付け合わせの生姜を食べます。



次は冬瓜のスープ。冬瓜をくり抜いた中にスープが入っていて、取り分ける時に冬瓜の柔らかいところを一緒にごっそり削りながらいれてくれます。このサイズで6人前ぐらいだそうです。ん〜「やさしいお味〜」と3人でぺろり。今まで香港で食べた中華の中でもトップ3に入りそうな、お気に入りの味でした。(で、残りの2つが何かを考えているわけではないのだけど)

 

続いて、こちらも名物だというガチョウのロースト。香ばしくておいしかったけど、個人的には少し脂っこかったかも。



こちらはお豆腐。これも割とやさしいお味で好きでした。



最後にあんかけチャーハン(?)をいただきお腹いっぱい



午後にマンダリンオリエンタルでアフタヌーンティーをした後だったので、腹ペコになっておらず、これだけ食べるのが精一杯でしたが、それでも食べれちゃったのはおいしかったからですね。
ちなみに、マンダリンオリエンタルのアフタヌーンティーもおいしかったですよ。ただipad2に並んでいて遅刻したので、最初のキレイな写真がありません(笑)。秋に行った、インターコンチの方は景色も含めて開放的な感じ。こちらはホテルの雰囲気と合ったcozyな感じ。その場にいた時はマンダリンの方が好きだ、と言いましたが、プライベートでゆっくりするならインターコンチの方がいいかもな、と振り返ると思ったりしますので、今後ともよろしくお願いいたします。(>誰?w)

そうそう、で、話が前後するけど、夕飯までも間ひとりで時間があったので、足のマッサージにいって来たのですよ。「知足樂(happy foot)」というチェーン店で、上海式角質ケアと足ツボマッサージをセットで。フロントの人は英語が通じますが、マッサージしてくれる人は広東語オンリーでした。上海式角質ケアは、始めてトライしましたが、おじちゃんがヘラみたいなので、硬い皮をすーーっと削っていってくれます。かなりたくさん取れてびっくりしましたが、すべすべになって気持ちよかったです。ただ、慣れてないのもあり、翌日ややヒリヒリした感じがちょっとしたかな。マッサージの方は、もう、痛かった。でも痛いって言うと弱めてくれちゃうと思ったので無言で我慢。足ばかりの長いコースにしたので、足裏だけでなくふくらはぎまでぐりぐりマッサージしてくれて、うー効いてるって感じでした。施術の間は早く終わって〜って思ってしまったけど、終わってみるとまた行きたい!
| 香港 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)
Ritz hong kongのバー ozone(GW香港旅行)


今回の旅行では何回かオシャレなバーに連れてってもらいましたが、そのひとつが今年の3月末にオープンしたばかりの、リッツカールトン香港にあるozone(オゾン)というバー。118階という超高層な場所にある香港らしい立地です。九龍駅と直結しているショッピングモール「エレメンツ」をふらふらしてから、リッツへ。この雰囲気「あたしにお似合いだわ」と、若干パリでのトーンに近づきつつ(笑)エレベーターでまずフロントのある108階まで上がってからエレベーターを乗り換えてバーのあるフロアへ。18時頃だったのでまだ明るく、テラス風席からは景色を一望できます。



といっても、周りで一番高いところあるので、景色が下の方にしかない、、、ので、きゃーすてきな景色〜という感動ではなかったりw



店内はゆったりとしていて、雰囲気があります。夜になると照明もムーディーになりいい感じ。



ここで香港に住んでいて昨年のトラムツアーで知り合ったRikaさんとそのお友達のRobsonさん(昔日本に住んでたこともあるそうで日本語ぺらぺら)と、仕事で香港にいるyanaさんと奥様と合流して、その後は博多料理のお店に行きました。

今回の旅行で行った他のバーは、
・ランドマーク マンダリンオリエンタルホテルの「Mo Bar」
・LKFホテルの上にある「Azure」
Mo Barは落ち着いた雰囲気でゆっくり話したりするのにはよさげ。
Azureは2回目だったけど、DJが入っていたり、BGMでhotel costesのコンピに入ってる曲が流れたりと、私の好きなタイプでした。

んー、今回の記事はloveginzaっぽかったかな?最近全然銀座じゃないけどね(笑)
| 香港 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0)
西貢で海鮮三昧(GW香港旅行)
今回の香港旅行で一番印象に残る美味しかったご飯がこちら。
西貢(サイクン)という、香港の中心街から東の方へバスで走ること30分くらいのところにある港町でお金持ちの西洋人もたくさん住んでるそうです。日本でいうと葉山みたいな感じかな?ここはシーフードがおいしくリーズナブルに食べれるということで、前回も一度来たことがあったけど、今回はkojiくんのお友達のelgaさんが西貢出身ということで、地元の人がいないと行けないお店&食べ方に連れて行ってもらうことになりました。elgaさんの旦那さんは日本人なのでみんな日本語で話せるのもちょっとホッとしてしまいました。
待ち合わせの前にelgaさんが食材を買って来てくれて、それをお店に持ち込んで調理してもらうことに。んー地元民っぽい。



お店は「勝記海鮮酒家」というところで、場所からしてメインストリートから少し離れた地元の人しか知らなそうなところ。お店に入ると調理方法を細かくオーダーしてました。メニューとか関係なくて、これはこういう味付けで‥と。そして次から次へと素材の味を生かしたお料理が!
まずはエビ。さっぱりと蒸して。



それからアワビ。こちらは細いオレンジの皮を使っていて、さっぱり。贅沢な感じです。



ホタテはガーリック風味。



そして貝(名前が分からず)と、お魚と続きます。




最後に茸の入った麺とお野菜でシメです。

4人だったのでこれでかなりお腹いっぱい。となりのテーブルでは伊勢エビのお刺身と、あとで残りの部分をつかったクリームソース味の麺を食べてました。

あとで話を聞いたところ、こういうところでは「私はサイクニアンだ」(地元の人間だから、ちゃんとした対応をしてね)と最初に伝えるのだそうです。そうしないと、持ち込んだ魚が違う質の悪いものに入れ替わって出てきたり、数本のシャコを持ち込んでたはずが、頭とお尻の数はあっていても胴体部分の切り身の数が少し少なくなってたりということがあるそうで、、、。そもそも広東語すら話せない私たちにはハードル高いなーと実感。
そういう意味でも、地元の人のナビでこんなにおいしいご飯を食べれたことはありがたかったです。おいしいスイーツのお店も教えてもらったので、次回はチャレンジしてみたいです。
| 香港 | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0)
ipad2購入(GW香港旅行)


香港には28日の夜に着いたので、実質翌日からが活動日。香港は現地のプリペイドSIMを使うと一日ネット使い放題が28HKD(約280円)と日本の携帯のパケ放題を使うよりかなりお得。既にSIMフリーのスマートフォンを持っていたので、電話でメニューを有効にするだけ、、、なはずが、どうもIVRのメニューが変わっていて、何度聞いてもそれらしきものがなく、、、ネット依存症の私としてはいても立ってもいられず(笑)まず旺角の携帯ショップに行って聞いてみることにしました。
と、その日はなんと香港でのipad2発売日。Android派の私としては全く興味がなかったのですが、駅前にできている長〜い行列を見たら気になってしまい、店頭のデモ機を触るといい感じ。スマホだと旅行の時にblogを書いたりしづらいので外付けキーボード買おうか迷ってたのと、部屋でパソコンの前に座るほどでないネットサーフィン(←死語?)したいときにも便利そうだったのと、行列に並ぶのが割と好きなのと、で、一気に欲しい熱急上昇。ということでBroadwayという、チェーンの電気屋さんの行列に並ぶことに。
そして並ぶこと3時間(笑)。同時期に香港に来ていた友達カップルとのアフタヌーンティーの約束の時間になってしまったので、一緒に並んでくれていたkojiくんには先に行ってもらい、ようやくゲットできました。wifiモデルの16GB。白は直前で売り切れてしまったので黒にしました。今もホテルのベッドで書いてるけど、ネットも見やすいし、スクリーンキーボードが大きいので便利で満足。
せっかくなので、画面保護シートも買おうと、遅れて参加したアフタヌーンティーの後に、湾仔の電脳城に連れてってもらいました。ここは、建物の中に小さいパーツショップみたいなのがぎっしり詰まっていて、細い通路を歩いてめぐるところ。なんとなくラジオ会館みたいな雰囲気にちょっと興奮(笑)。ここの中のいくつかのお店では、買った保護シートを貼ってくれるサービスがあるとのこと。気泡やホコリが入らないようにするのは至難の技なのでかなり魅力的。さっそく80HKDの保護フィルムを選んでお願いすると、かなり真剣モードで30分近くかけて貼ってくれました。一回完成したと思っても、ホコリが一粒でも入っていたらやり直し。そのプロ根性にちょっと感動。
ケースはイマイチいいのがなかったので、別の日に今度は旺角の電脳城に行って買いました。こちらもいろいろ面白そうなものが売っていて、見ているだけでも楽しかったです。こんなところで喜んでると、全然loveginzaキャラじゃないなーと思いつつ、、w。
しばらく楽しく遊べそうなガジェット手に入れご機嫌な旅の始まりでした。今回の香港旅行での買い物は、このipad2と、あとはjurliqueのスキンケアをまとめ買いだけです(こっちは女子っぽい)。
では、最後に旺角のランガムプレイスというショッピングモールで見つけたAndroidちゃんの写真を!


| 香港 | 16:19 | comments(2) | trackbacks(0)
香港 「食べて、歩いて、また食べて」 (後編)

トラムツアーの翌日は、ゆっくり起きて朝昼兼用で、ローカル食堂的な感じのお店でまず飲茶。
ほんとに、普通に毎日飲茶を食べているのね・・・としみじみ。

Image272.jpg

オーダーシートにチェックを入れて渡すと、持ってきてもらえる仕組み。

Image271.jpg

普通のお店でしたが(だと思いますが)、おいしかったです。
こうなると、先日のロンドン旅行を思い出すのですが、、、イギリスは「普通のお店に入ると基本的においしくない」だったのと大違いです(笑)。イギリスの植民地だったこともあり、Mark and Spencerがあったり、男性がジェントルマンな感じでレディーファーストを自然にこなすなど、いい影響を残しつつ、食事はイギリスっぽくなく、おいしいというところが素晴らしい。

お昼を食べた後は、電車で旺角駅に行きお散歩を。
まずは、金魚街へ。ガイドブックなんかに出ているのを見たことあるけど、ほんとに金魚がたくさん売ってる。金魚は金運がよくなるということで、飼っているおうちも多いらしい。

DSC01120_ss.JPG

DSC01125_ss.JPG

それから、「女人街」へ。シノワズリー風の小物やiphoneケースや、いかにも嘘なブランド物などがたくさん並んでいて、人もいっぱい。買うものはないけれど、いろんなガイドブックに必ず載っているので、一度は押さえておきたいところでした。
それから、(ここらあたりで順番の記憶がなくなっているが・・・)ランガムプレイスというショッピングセンターへ。トラムの形のキーホルダーが欲しいと思って、バスグッズ専門店に連れてきてもらったんだけど、ほんとバス専門で(笑)、お目当てのトラムは買えず残念。イベントスペースではキティちゃんのイベントをやっていてすごい人だかりができていました。キティちゃん人気の絶大さに驚き。

さらに歩いて、ちょっと疲れてきたので「天后廊」というお寺の向かいにある、レトロなカフェで休憩。私は蜂蜜入りのレモンティーを注文。

DSC01145_ss.JPG

こちらのレモンティーはレモンが何枚も入っていて、飲む前にスプーンで潰してしっかりレモンの味を出すのが主流のよう。だから、日本に来ると「なぜ1枚しかないんだ・・・?」って思うらしいよ。確かに、日本のレモンティーってちょっとした風味出しだもんね。
で、このお店も、なんとなーく連れてきてもらって入ったのですが、ガイドブックをよくよく見たら、創業60年のレトロカフェ「美都餐室」とのこと。入ったときは、へー古い感じのカフェね〜と思っただけなのに、ガイドブックを見ると「細かいタイルがかえってモダン」とか書いてあって・・・なるほど、言われないと分からなかった(笑)。2階では映画の撮影をしたりもしてるんだってー。

DSC01146_ss.JPG

DSC01152_ss.JPG

DSC01154_ss.JPG

というわけで、慌てて写真を撮ってみましたw。

水分補給でパワーチャージして、その隣のお寺を通って、またお散歩。
次は、ヒスイ市場へ。ヒスイってキレイだけど、こんなに並んでると、どれがいいのか良く分からないし、ある程度知識がないと買えないよね〜。エッフェル塔の形をしたヒスイのペンダントとかあったらいいのに・・・と、無理な要望をつぶやいてみる。

そして、今度は食べ物系の市場へ。こちらはお野菜とかフルーツがたくさん並んでる。みたことないようなでっかい瓜とか、あ、これ昨日食べた?みたいなお野菜とか。実は、何度も行っているパリでもそんなに市場に行ったことがないので(←朝市とかでフルーツ買ってかじっちゃうイメージじゃない?)、こういう生活感のある市場も歩いているだけでけっこう楽しい。あと、新しいカメラの撮影の練習にも絶好の被写体。

DSC01163_ss.JPG

さて、生活感のある香港を楽しんだあとは・・・、リッチな香港も。
ここからはタクシーで移動してインターコンチネンタルHKへ。お目当ては、アフタヌーンティー。「ロビーラウンジ」は、海に面していて、とても開放感がありステキです。

DSC01177_ss.JPG

マリアージュフレールのお茶でいただくアフターヌーンティー。紅茶は何度でもお湯を足してくれるところもさすがお茶文化の国(←日本だとおかわりは別料金だったりするところ多いよね)。ケーキはもちろんだけど、スコーンもおいしかった。最初は、こんなに食べれるかしら?と不安だったけど、ちゃんと食べれましたん。

DSC01170_ss.JPG

・・・そういうことよね。レトロな香港もいいですが、ゴメン、やっぱりあたし、こういうの好き(笑)。としみじみ思うのでした・・・。

食べ終わったあとは、夕暮れ時の海沿いのプロムナードをお散歩。向かいに見える香港島の電飾が見え始めてロマンチックな雰囲気です。ビルの電飾は既にクリスマスモード。DSC01181_ss.JPG

写真を撮っている人がわんさかいて、日本よりもこっちの方がカメラ市場はあるんだな・・・とか余計なことが頭をよぎったけれど、それはおいといて・・・。

そのまま歩いていくと、フェリー乗り場についてそこから夕食を食べる香港島に渡る予定だったんだけど・・・近くに「ハーバーシティー」というとっても大きなショッピングセンターがあるらしい。しかもブランドショップもたくさんはいてるらしい・・・。という情報が小耳に入り、「まだ時間あるよね?」ということで、行き先変更。テンションが妙に上がり気味に。

DSC01189_ss.JPG

ショッピングセンターまでの道は激混み。すっかりクリスマスの装飾で華やか。

ハーバーシティー。とにかく広いし、お店もたくさん。主要なブランドはたいてい入っていて、Jimmy Chooまでも・・・。んー、とりあえず、見るだけ?と思い寄ってみたけれど、確かに日本よりお安い。でも、ここは我慢。やっぱりJimmyさんは日本で買うのだ、と強い意志で帰りました。でもなんなく消化不良。そうだ、直近に予定のあるイベント用にDiane von furstenbergの柄物ワンピを買いたい!と思い、その場でiPhoneで調べてもらい、Pacific Placeという別のショッピングセンターに入っているということが分かり、、、。ここまで来ると、もうショッピングモードにスイッチが入ってしまっていて止まりません。夕飯の場所とも近いということなので、地下鉄で行ってみることに。
あれ、、、フェリーは・・・?という突っ込みはナシで(笑)

Pacific Placeもいっぱいお店が入った大き目のショッピングセンター。個人的にはこっちの方が雰囲気が好きかな〜。ハーバーシティーは全体的に照明も明るくて開放感があるけれど、Pacific Placeの方がお買い物ハンターの魂が駆り立てられるというか・・・w、オシャレなものが見つかりそうな雰囲気があります。
で、お目当てのDVFのワンピース。かなりお安かったです。定番系のワンピの値段でも、日本で買うのより、2万円近く安かった。きっと、ネットで直輸入で買うのと同じぐらいの値段かも。種類もかなりたくさんあって、こんな感じを探してる、って話したら、店員さんがストックからも出してくれてアドバイスもしてくれて、4〜5着試着した結果1枚お買い上げー。いやーん、今回は買い物するつもりなかったのに〜。と思いつつも、満足度高かったり。

そんなこんなで、アフタヌーンティーであんなに食べたけれど、夕飯へ。さすがにおなかいっぱいだったので、予約の時間を30分遅らせてもらって少し歩いてから到着しました。
中華料理に飽きたのではないか?と気を遣ってもらって、夜はイタリアン。「ViVi Ristorante」というお店で、蘭桂坊(LKF)というオシャレなバーがたくさんあるエリアに1ヶ月前にオープンしたばかりなのだそうです。

DSC01196_ss.JPG

雰囲気のよいレストランで、シェフは以前に和食のレストランで働いていたこともあるそうで、日本から食材を取り寄せたりもしているとのこと。山形の和牛を使ったお料理もありました。
お腹いっぱいなはずだったんだけど、メニューを見たらどれもおいしそうで・・・一気に食べる気力回復。私はリゾットをいただくことに。前菜でいただいたサラダもとてもおいしかったし、リゾットもおいしくてぺろりと平らげてしまいました。そして、デザートは?さすがにムリでしょ・・・、でもメニューは見てみるか・・・と、結局シシリアのアーモンド(だったかな?)のアイスをいただいてしまった。
オーナー(?)シェフ(?)が親切な人で、食後にサービスで緑茶を出してもらいつつ(もちろんコーヒーもあります)、少しおしゃべりしました。雰囲気もいいし、一品一品がしっかりした味付けでおいしいし、場所がどこであれ、また来たいなと思うお店です。みなさんも香港に行く機会があったら、中華に飽きたらぜひ!

香港のヒップなお店ガイドみたいなサイトに載っている紹介へ

そして、最終日は荷物を持って飛行場に行く前に、ハーバーシティーの中にある、「翡翠拉麺小籠包」というお店で、小籠包やチャーハン、ピータン豆腐、坦々麺を。このお店も人気らしく、ガイドブックにも載っていたし、満席でお店に入るまでしばらく待ちました。

Image276.jpg

・・・というわけで、いやー、よく食べました。そして、おいしかった。

ただ、やっぱり、言葉が通じないのってつらいわよね。漢字でなんとなくわかるし、かなりの割合で英語が通じるけれど、どうせならちゃんと注文とかちょっとしたこととか話せるようになりたいな、って思いました。しかし北京語の中国語も話せないのに、広東語なんて、当分先の話よね。

そんなこんなで、また行きたいな〜、と思います。

| 香港 | 21:37 | comments(1) | trackbacks(0)
香港 「食べて、歩いて、また食べて」 (前編)

ということで・・・、お待ちかねの(?)香港旅行〜食事編です。
香港というと、みんな「ご飯がおいしい」って言うし、ガイドブックも半分ぐらいが食べ物特集だし、今日も歯医者さんで旅行の話をしたら「ご飯おいしかったでしょ?」って言われたのですが、確かにおいしかったです。そして、なんとなく素朴に驚いたのは、毎日本当に飲茶を食べているんだなぁ・・・ってこと。

ではでは、まずは、トラムツアーの前に行った飲茶のお店。
中環駅の近くのCity Hallの中にある「大會堂美心皇宮」。(って、いま地図を見ながら確認している。当時は場所を理解しないまま連れて行かれていた・・・w)

DSC00946_ss.JPG

お店はとっても広いのですが大人気。予約は受け付けていないそうで、着いたときも30分ぐらいは待ったかな。
席に座ると、6種類ぐらいのお料理を載せたワゴンが回ってきて、ほしいものを頼むとその場でお料理をくれて、お会計カードにスタンプを押してくれる。こんなのも初体験。さっそく、シュウマイやニラワンタン(?)や、エビ蒸し餃子をいただき・・・。

DSC00948_ss.JPG

そういえば、本格的な飲茶を食べるの自体初めてかも・・・。小籠包だけ、とかシュウマイだけ、とかはあるけれど。大勢で食べると次から次へといろいろ体験できて、楽しい。
そして、小籠包はオーダーすると持ってきてくれます。

DSC00959_ss.JPG

それから、チャーシューまん(?)みたいなやつ。

DSC00964_ss.JPG

他にもエビ入りのライスクレープや、マンゴープリンをいただき。初香港のイメージ急上昇w。

-------
トラムツアーの夜は、参加者のみなさんと、あとから合流したKojiくんの同級生と一緒に広東料理屋さんへ。
上環にある「蓮香楼」というところ。ここは昔ながらの雰囲気なお店(だそうです)。注文に関しては、私はno idea。一緒のテーブルに座った他の皆さんが注文をしてくれたので、お任せしました。

そして、まずは最初のお作法に戸惑うわたし。
お湯で食器を洗うらしいのですが、何をしていいのかわからず、ボヤボヤしているうちに全部やってもらっちゃいました(てへ)。

DSC01115_ss.JPG

こんなにたくさん、、、食べれるんだろうか??と思いつつも、大勢いるとけっこう食べれてしまうもの。中華料理の醍醐味ですねー。会社のランチで中華料理屋さんに行くと円卓に座ることはあっても、各自自分の料理を食べるだけなので、こうやってわいわいと大勢で中華料理を食べる経験って意外としてなかったことに気づきました。みんなどんど手を伸ばして食べているので、気持ちも徐々にリラックス。お料理ももちろんおいしかったです!

DSC01117_ss.JPG

ということで、このお店も、なんとなーく連れていかれるがままに行ったのですが、最終日にガイドブックを良く見たら、ちゃんと載っていた。そう、さりげなく、有名どころに連れてきてもらっていたのですね〜。予約をしていただいていて、見えないところでたくさん気遣っていただいていたことに感謝です。

(つづく)
(まだまだ食べます。)

| 香港 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
香港トラムツアー

なんだか飲茶が食べたくなって・・・・

っていうのは冗談で、夏の上海旅行で知り合ったKojiくんが、香港でトラム(路面電車)の貸切ツアーを毎年やっているそうで、面白そうなので参加してきましたー。
開催されたのは11/20(土)。
前日の金曜日は、スーツケースを持って会社に行き、15時からの会議で冒頭15分プレゼンして、荷物を慌ててまとめて、駅までの道でコケかけてスーツケースを路上に倒し、拾おうとしてひっかかったネックレスのチェーンが外れ、、ギリギリセーフで成田エクスプレスに駆け込んで(←この話題の時期に、羽田ではなく成田発しか時間的に合わないのがミソ)・・・。空港にはわりと余裕で着いたと思ったら、登場口がサテライトの一番遠いところで・・・、やっとのことで登場口に辿り着いて上着をスーツケースに押し込んでトイレに行ったら、twitterする暇もなく出発・・・・でした。

そんなドタバタはさておき(笑)、グローブトロッターのスーツケースに、ハイヒールでさっそうと香港空港に到着したわたくし。やっぱり旅も形からよね、ふっ。と、ご機嫌なスタートでございましたん。
あ、言うまでもなく、人生初めての香港です。

(中略・・・)

トラムツアーの前に、毎年参加しているというwiwamくんとイノウエさんと、kojiくんの友達のアユミちゃんと、飲茶を食べて・・・(おいしかった食事話は別途)、事前買出し組みのみなさんと待ち合わせて、トラム乗り場の近くにあるスーパーにお買い物。

待ち合わせをした香港上海滙豐銀行のビル。最初は何気なく見ていたのだけれど、アユミちゃんが「ガイドブックに風水スポットだって書いてあったよ」と教えてくれて、慌てて開運祈願w。





ライオンさんの前で写真を撮ってみる。縁起がよいに違いない。

そんなこんなで、スーパーまで連れてってもらって、男子は飲み物、女子はお菓子担当でお買い物。どこの国でもスーパー探検は面白いよね。お小遣い200ドル(香港ドル)だったところ皆で199ドルまできっちり選んでなんとなく満足。

そして、トラム乗り場へ到着。
今回乗ったのはこちら↓ 街を走っているトラムよりレトロな感じのパーティー用トラムでした。



参加するみなさんは20人ちょっと。香港に住んでいる人もいれば、私たちのように日本から来た人もいるし、ジャカルタから来た人も。いろんな国籍の人が混じっているので、自己紹介や会話は英語が中心。そんなたくさんの人との出会いだけでもかなりエキサイティングでした。初対面同士の人も多いので、名前を覚えやすいように名札シールが用意されていたのは、さすが幹事。



17時に出発して、夕暮れの街をガタゴトと走ります。普通のトラムと同じレールを走っていくんだね。初めての香港でこれはかなり贅沢な体験な気が・・・。しかし、地図的にどこを走っているのかさっぱりわからないまま、流れに身を任せてみた。



こんな市場の風景も、トラムの上から見ると俯瞰できて面白い。通る場所によって、街の表情がかなり違うのも興味深かったです。



トラムの中では、みんな和気あいあいとおしゃべり。最初は、みんなと仲良くなれるか不安だったわたしも、みんなが優しく話しかけてくれて、楽しく過ごすことができました。



だんだん日が暮れてきて、トラムの電飾もキレイに。なんだかディズニーランドの中の乗り物みたい。ただし、普通の線路を走っているので、ゆっくり止まっていることはできないらしく・・・。トイレ休憩になると、みんな必死でダッシュ(笑)



夜景もキレイ。

トラムルートを端から端まで(?)往復すること約3時間。すっかり夜になったところで、出発地点に戻ってきて終了です。楽しかった〜。
香港に到着して、何も観光せず、地図も理解せず・・・なところで、いきなりこのディープなツアーに参加したので、日本に帰ってきてから、今やっと、あーこの辺りを通ったのか・・・と理解しているところですが(笑)。

そして、このあとは広東料理のお店に連れてっていただきました〜。
「食べて、食べて、また食べて」編は、次回に! (つづく)


| 香港 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0)
PROFILE
ミカへのメッセージはこちらから

最近読んだもの by booklog
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from mika7574. Make your own badge here.


follow mika0704 at http://twitter.com

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
↓ひたすらJALカード派です。買い物してヨーロッパ往復も手に入るなんて素晴らしい。





RECOMMEND
されど“服”で人生は変わる
されど“服”で人生は変わる (JUGEMレビュー »)
齋藤 薫
買い物大好きな人にも、節約派の人にも、おしゃれのヒントがたくさん載ってます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
qrcode
PROFILE