Love Ginza : Blog

銀座の話題はもちろん、日々のいろいろ
香港でプチプラシューズ買い

 どんなに下駄箱がいっぱいになっても、足が2本しかないことを忘れそうになってしまうわたし・・・。今回の香港旅行は、世の中SALE、SALE、SALE。で一瞬Jimmy Chooで買いそうにもなってしまいましたが、年が明ければ春夏の新作が欲しくなっちゃうんだから・・・とぐっと我慢。今回はプチプラシューズをいくつか調達させていただきました。

まずはガイドブックにもよく載っている、シノワズリーなスリッパ。「先達商店」という老舗のお店に行きました。前回行こうとしたらガイドブックに載ってた住所が古くて、今回は移転先をチェックしてからのリベンジ。

まずはお目当てのスリッパ
いっぱい柄があって迷いましたが、可憐なピンクに(笑)。気になるお値段は95HKDです(約1,000円)。

お店自体はお客さんが2〜3人入ったら動けないぐらいの広さなのだけど、たくさん並んでいるデザインを見ていたら・・・、んー、パンプスもかわいいではないか。チャイナテイストの強いものが多かったので、実際に日本で履くかな〜、、、と迷っていて、色違いや他のデザインがないか聞いていたら・・・出てきたました、キュンとするデザインとカラー。



やや落ち着いたグリーンに大人っぽい孔雀模様。いいじゃないっすか〜。(←弾丸トラベラーで買い物してる気分調)。こちらは180HKD(約2,000円弱)。デニムに合わせて履くのもきっとかわいいよね。

先達商店 Facebookはこちら(↓写真もたくさん載っててカワイイよ)
https://www.facebook.com/Sindart1958

それから、ショッピングセンターなどにぽちぽち入っていた「MAUD FRIZON」というお店で、ウェッジソールのエナメルパンプスを一足。このお店、前からちょっと気になっていたのですが、実はパリが本店のお店らしく、でもサイトを見るとほとんどの店舗がアジア展開のようです。日本では通販系サイトにはけっこう載ってました。



ぺったんこのバレエシューズがたくさんあって、最初は私もバレエシューズを買うつもりだったんだけど、このウェッジソールが履きやすそうだったので、、、。よくありがちな、SALEに引かれて入ったはずが、SALEでないNEW ARIVALを購入(笑)
1/2のサイズ展開はないのが残念ですが、セールだったバレエシューズはデザイン豊富で5,000円以下もたくさんありましたよ。

MAUD FRIZAON オフィシャルサイト
http://www.maudfrizon.com/

| | 15:05 | comments(1) | trackbacks(0)
それでもハイヒールを履くのだ
震災以降、しばらくはハイヒールが履けなかったです。
当日会社に残ったのは、もちろん夜道を歩いて帰れる距離ではなかったのもあるけど、そもそもヒールの靴では帰れないな、というのもあった。会社でミュール禁止なのは、何かあった時に避難するのに危ないから、というのは知っていたけれど、確かにハイヒールで避難するのも無理だよな・・・と。
最初の1〜2週間は、いつ電車が止まるか分からないのもあり、スニーカーで会社まで行って、仕事中はフラットシューズに履き替えてました。そして、徐々にフラットシューズで通勤して、念のためスニーカーを持っていくように入れ替え。会社に一足置いておけばいいんだろうけど、通勤途中で何かあったら意味がないじゃん、と思ってほぼ毎日持って往復してます。
・・・そして、4月にもなったので、やっぱりハイヒール履かないと気持ちがアガらん、と勇気を持ってハイヒール生活に戻りました。どうせスニーカーを持ち歩くなら、隣の駅まで朝歩こうかな?と思ったりもしている今日この頃(←まだ実現してませんがw)。そんなこんなで、今年は軽いデカバッグやサブバッグが活躍しそうな予感がします。

でも、やっぱりハイヒールのパワーってあるな、って思う。縮こまっていた背筋が伸びるし、視線も上がるし、気持ちも上向きになるよ。ちょっぴり不安でも、背伸びして、ふくらはぎに力入れて、大地に踏ん張っていくのだ。と思う今日この頃です。
| | 22:55 | comments(3) | trackbacks(0)
初めてのオーダーメードシューズ my first "order made shoes"
 

Twitterではリアルタイムでつぶやいておりましたが、クリスマスを挟んでまた香港に行っておりました。香港では既にDIANE von FURSTENBERGのワンピを2着購入しており、買い物の楽しみ方を学びつつあったのですが、今回チャレンジしたのが、オーダーメードのシューズ。
ちょうど出発前に発売していたCREAに載っていたので、マンダリンオリエンタル香港の中2階にあるMAYER SHOESというお店に行って作ってきました!実はオーダーで靴を作るのは初めてなので、ちょっとドキドキ。
お店に入って、オーダーメードの靴の記事を読んだんだけど・・・と小声で聞いてみると、ここでやってるよ、と優しい感じのおじさん店員さんが答えてくれました。(基本英語でOKです)。
システムは非常にシンプルで、素材によって値段が決まっており、普通の牛革が3000HKD(→約3万円)、トカゲ革が4000HKD、クロコは7000HKD、値段は聞かなかったけれど、あとはオーストリッチもありました。デザインはお店にサンプルもけっこうあって、普通のパンプスやバックストラップタイプ、オープントウやフラットタイプなど、いろいろ。デザインが入ったものなどもいくつかありました。サンプルになくても、こういうのというリクエストも聞いてくれるみたいです。私はメリージェーン型にしたい気もしましたが、まずは一番シンプルなラウンドトウのパンプスにしてみることに。ヒールの高さや太さもお好みで組み合わせることができ、革のカラーも見せてもらいながら選びます。私は8cmの細めのヒールで素材は黒のトカゲ革にすることにしました。
大体オーダーしたい靴が決まったら、いよいよ測定。オーダーメードというと、足型を取って木型でも作るのかしら?と思っていたのですが、紙の上に足を置いて、外周をペン(鉛筆?)でなぞっていくのみ。あっという間でした。あとは足の厚みをメジャーで測って、足の特徴もメモってくれます。私は左足のほうが大きいね、小指の付け根が飛び出てる、ややワイドね・・・とつぶやかれていました。両足のメモが終わると、名前と連絡先をその紙に記入してその日はおしまい。次は別の日にフィッティングに来るようにと言われます。
日本に帰る日程と飛行機の時間を伝えると、帰る日のお昼にフィッティングに来るようにとのことでした。マンダリンオリエンタルは、中環駅の近くにあるんだけど、空港行きの電車もここから出ているのと、駅で事前チェックインができるので便利。当日は、まず飛行機のチェックイン&スーツケースを駅で預けて、身軽になってから徒歩でマンダリンオリエンタルへGo!写真のような途中の状態の靴ができていました。さっそく履いてみると・・・、足先はぴったり、というか「ワオ!」ってぐらい非常に楽な感じ。かかとの方は隙間が少し空いていてゆるい。8cmのヒールにしたので、立つとやや前に滑るので後ろが空くのよね。お店のオジサンももちろん気づいて、「うむ、少しロングだね・・・」と確認してくれました。もう一度革の素材と色を確認して、フィッティングも終了。あとは1週間〜10日ぐらいでできるとのこと。
旅行の場合は、日本への郵送も可能だそうです。私が行ったときも、日本に郵送予定の靴が2足程出来上がっていましたよ。私は現地に住んでいる(トラムツアーの記事でもおなじみの)Kojiくんに引取りをお願いすることにしました(←人遣いが荒いw)。直接引き取る場合は、支払いは出来上がってからでもよいそうですが、(当たり前だけど)自分でその場で支払うことにしました。
出来上がった靴のご対面は来年の2月頃になりそうだけど、今からとっても楽しみです。Jimmy Chooやルブタンの靴もステキだけど、ここまで靴ワールドに入ったからには、一度経験してみるのもいいかな〜と思って。これで履き心地がよければ、デイリー靴をまた作りに来ちゃうかも。香港は他にもデザイン重視のお店とかいろいろオーダーメードのお店があるみたいですね。今回のお店は、紳士物の靴やバッグや小物入れのような革製品も扱っていたので、男性も楽しめるんじゃないかな、って思います。
んー、飲茶もいいけど、これぞlove ginza的香港じゃない?ね?
| | 02:54 | comments(1) | trackbacks(0)
ルブタンの靴 赤いソールの底張り
 

春のParis旅行で買った、クリスチャンルブタンのエナメルパンプス。なんやかんやで1度も履いていないことに気づいて、先日履こうと思ったら、底張りしていないことに気づきました。
靴に底張りするのは、賛否両論ありますが、私はツルツルのソールだと思いっきり滑って転ぶタイプなので(過去に雨の中大転倒したことあり・・・)、張る派です。
ただし、ルブタンのトレードマークは真っ赤なソール。ここに張るのは赤じゃなきゃイヤ。・・・というわけで、銀座三越の7Fにある靴のお手入れコーナーに行ってきました。さすがは三越さん。20分ぐらいでキレイに張ってくれました。普段の靴はヒールが減るとミスターミニットで修理してますが、こういういい靴は、ハイブランドを扱っているお店が安心ですね。お値段も2,100円と普通だったし。ついでに、今日履いていたSI Rossiのブーツもヒールのゴムを取り替えてもらいました。靴の扱いもとても丁寧で、終わった後にはキレイに磨いてくれたし。これからも、ちょっといい靴はここに持ってこようって思いました。
| | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0)
Kallistéのサンダル


初めて買いました。イタリアの「Kallisté」というブランドのサンダルです。
大人っぽいおちついた色合いに、前についている大きな葡萄のような装飾で遊び心があって、それだけでもステキなのはもちろんなのですが、靴好きの萌えポイントは、後ろでございます。



ヒールを革で包んでいて、縫い合わせのところがは、ステッチになっているのね。そして、その合間から見えるかかとの部分。店員さんと「こういうところがたまらないわね〜」と、試着室でしゃがみこんで萌え談義(笑)ストラップも後ろで留めるという面白い構成になっています。ストラップでしっかり足をホールドしてくれるので歩きやすいし、最近プラットフォームやウェッジソールのサンダルが多めだったので、こういうシンプルですっきりしたサンダルは新鮮だし、なにかと活躍しそうです。
| | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)
クリスチャンルブタンのパンプス
 

そういえば、パリで買ったルブタンのパンプスを紹介していなかったので、遅ればせながら。
今回買ったのは、ルブタンの定番中の定番、黒のパンプスです。ルブタンはヒールが高い方(12cm)がメインなんだけど、ここはあえて実用的な低めのものを買いました。(おそらく7cmです。ルブタンのHPでは7cmはハイヒールではなく、ミニヒールと書かれています。)
色もたくさんあって、グレーや赤もかなり気になりましたが、まずは登竜門的な(?)黒で冷静な判断だったかな。ちなみに、一緒についてきた小さいポーチの中には、ヒールの交換部品が入ってました。



ルブタンと言えば、トレードマークの赤いソール。これはデザイナーのルブタン氏が、自分の靴には何かエナジーが足りない、、と思って考えていた時に、女性社員のシャネルのネイルを見て思いついたそうです。ちゃんとCopyright登録もされてるのですよ。

今回行ったお店は、フォーブルサントノーレ通りにある、わりと新しいブティック。エリゼ宮のすぐ近くです。
お店の中にはお客さんがぎっしりで、店員さんもてんやわんやって感じでした。日本人は全くいなくて、英語を話しているお客さんが多かったかなー。



混んでいるとは言え、店員さんは丁寧に接客してくれて、色違いも奥から一通り出して全部ためし履きさせてくれたし、足にぴったり合うように中敷調整するかどうか、とか見てくれました。お値段も、日本での正確なお値段はわかりませんが、おそらくお安かったと思います。免税も含めるとかなりリーズナブルでは?日本ではセールでもこの価格でルブタンを買えたことはないので。

Jimmy Chooから浮気?ってわけではないですが(笑)、Jimmyさんは、やっぱり日本でゆっくりじっくり買いたいので、海外では(よほどのことがない限りw)買わないと思う今日この頃です。きっとこのように経験値を上げればこそ、また、Jimmy Chooのよさもわかったりしちゃうのよね。ってことでネ。

Christian Louboutin


より大きな地図で paris plan de mika を表示
| | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0)
立ったままで、歩きながらシェイプアップ SKECHERS Shape-ups

 
今日はここ最近のMyヒット商品です。
スケッチャーズのShape-upsというスニーカー。底が不安定な形になっており、歩こうとすると体がバランスを取るために自然と筋肉を使うという仕組み。詳しくはウェブサイトを見てみてくださいな。
夏は「履いて歩けばモデル足」でおなじみのFit Flopのサンダルを履いていましたが、秋冬に使えるものはないかなぁ・・・と探していたところ。Fit FlopやEARTHのブーツバージョンも出ていて、買おうか相当迷ってたんだけど、デザインが気に入ったものはけっこうお値段もするので躊躇していました。アナスイとFit Flopのコラボバージョンもかわいかったんだけど、PLAZAのネット販売では即日売り切れており・・・。そんな時に、いつものネイリストさんが、このスニーカーを買って、犬の散歩時に履いているという話を聞き、帰りに速攻買いに行きました。・・・っていうか、ネイルサロンの向かいにある靴屋さんで買ったというので、私も帰りに寄り、「そこのネイルサロンで聞いて(照)・・・」って店員さんに話したら、「これ、3日前に発売したばかりなんですけど、ネイルサロンの方は発売日に買っていかれました」と。試し履きさせてもらって、私も即決。局地的に口コミ効果発生中って感じでした。
さっそく先々週末から、近所を歩く時に履いているのですが、「効いてる!」って感じがモーレツにします。最初は10分ぐらい歩くだけでも、足やお腹の筋肉を使ってるのがわかります。寒い夜でも、これで歩くと、すぐに体がポカポカするぐらいです。しかも、厚底なので背が高くなる!(笑)。ヒール用に裾合わせしたデニムを普通のスニーカーで履くと、裾が擦れちゃうんだけど、これならちょうどいい感じです。(予想外の副次的効果)。もー、履きたくて履きたくて週末が楽しみなくらいです。
楽してスリムでいたい、というのは永遠のテーマですが、ちょっとしたウォーキングをより効果的なものにしてくれるというのが、健全な感じでよいと思います。これは、かなり買ってよかったと感じたので、みなさんにもオススメしまーす。いやー、ひょんな話題から、この靴のことを教えてくれたネイリストさんに、私も感謝でございます。

| | 00:07 | comments(3) | trackbacks(0)
pippiのサテンコサージュレオパードパンプス    (pippi satin leopard corsage pumps)


巷では、夏のクリアランスセール真っ只中ですが、そろそろ秋冬物ですよん。(少し控えめにしつつも、やはり買わずにはいられない・・・らしい)。ちなみにこれは、aquagirlで6月の初旬に買いました。

pippiのコサージュパンプスのレオパード柄。去年のクリスマスにデニム地の同じ形を買っているのだけど、この形はホントかわいいので、柄違いで欲しくなってしまいました。このモコモコ感に一目惚れ。お店の方も私が最近の浪費を反省しているのを知っていたので、「これ、見せたら欲しくなるだろうから、どうしようかと思ったんですけど・・・・」「まさかこのタイミングで入ってきちゃうとは・・・」とちょっと申し訳なさそうにしてくれていたのですが、、、。履くともううっとりしちゃうんだよねー。しかーし、今回は一回お取り置きにしてもらって、3日間ぐらい考えて考えてから決めました。ふはー。店頭で悩みまくっている私の姿に、他の店員さんが遠目に苦笑してたし・・・(笑)

茶系のいわゆるレオパードにピンクのコサージュがついてるのもカワイかったけど、白黒の柄の方が服に合わせやすそうだし、ちょっと大人っぽいかなーなんて。これで秋が来るもの楽しみになります。まだ梅雨明けもしてないのに、気が早いかな?

それにしてもpippiの靴はほんとすぐなくなっちゃうから、気に入ったものを見つけたら即決すべしです。
右のバナーにも通販でpippiを扱っているZOZOTOWNのリンクを載せておきました。ネットで買おうという方は、品揃えも良いのでおすすめです。私はaquagirlで買うのがほとんどですが、いつもこのサイトで店頭になかったデザインなどをチェックしてます。見るだけでもほーんとステキ。このレオパード柄は予約受付中だけど、茶系の方はまだあるみたいですので、気になる方はお早めにっ。

あと、楽天にあるNoixというお店も品揃えが多いです。お店によって買えるデザインが違うのでいろいろ見てみてくださいな。サイズのことは、それぞれの商品ごとに詳しく書いてあります。

※pippiのラウンドトウは若干サイズが小さめなので、普段よりちょっと大き目のサイズがいい場合もあるので要注意ね。私は普段23cm(36)だけど、今回は23.5(36.5)を買いました。バタフライトウの場合は、普通サイズで大丈夫だったよ。人によって違うのでなんとも言えないけどご参考までに。

・・・というわけで、実はブーツも予約済みです・・・。にゃ。



| | 02:48 | comments(2) | trackbacks(0)
pippiのパイソンパンプス


こないだの週末に伊勢丹で買ってしまったもの。
3分間クッキングならぬ、10分間ショッピング。
友達と待ち合わせをしていただけだったはずなのに・・・。私が化粧品のお会計をしていた間に(←これは必要な買い物)、友達が中央イベントスペースにちょっと行ってくると言い、それを追いかけていったら、前からネットで気になっていたこの靴を予想外にも発見。
友達は当初から、pippiのデニムコサージュのパンプスを探していて見つけ次第買う予定だったからいいんだけど、サイズ合わせに時間がかかっていて、手持ちぶさたになってしまった私も思わず試着・・・いやん、ステキ。
でも映画が始まるまで残り15分。もー、迷っている余裕はない。二人ともものすごい勢いで買ってしまいました。
「すぐに日常使いしなさい」というアドバイスの元、今日から早速はいてみましたが、ラインがキレイで、自分の中でシャキっとする感じです。やっぱ、いい靴を履くとテンションあがるわねー。パイソン柄、最近けっこうブームなんだよねー。理屈抜きで惹かれます。
| | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0)
アナザーのニーハイ&ウェッジソール&スウェードブーツ


これまた珍しく、United Arrowsで買いました。ANOTHER(アナザー)という日本人デザイナーのブランド。
友達がアウトレットでマルタンマルジェラのブーツを買ったのを見てから、ウェッジソール&スウェード&くしゅくしゅ、なブーツが潜在意識から離れていなかったのでしょう。。。
今年買うなら、ニーハイで、しかも黒や茶色じゃないものを探していたので、なかなか「これ!」というのに出会えず、H.P.Franceの帰りに、新丸ビルにふら〜っと立ち寄ったのが運命の出会いでした。(新丸ビルのUnited Arrows自体入ったの初めてだったし、そもそもセレクトショップで普段はあまり買い物しないので、何かに引き寄せられた感じです。)
マネキンちゃんが、これの色違いのベージュを履いていて、少しくしゅくしゅってなっていて、、うわ〜これかも、、、と思い、試着してしまったのが最後。。。

※こないだの友達もそうでしたが、こういうファスナーのないブーツを履くときは、それなりの苦労があって、これを履いてる日は絶対にお座敷の居酒屋には連れて行かないで欲しい、というのが共通見解です。だから、店員さんにも相当な工数をおかけしました。。。

おそらくインポートだったら、この倍の値段はするだろうな、、って思うような素敵なデザインで(あとで見たら、ELLEの9月号にも出てました。)、思い切ってカーキ色にチャレンジ。これ、スタッズが今年風のポイントなんだけど、スタッズは取り外せるので、外した方が個人的にはシルエットがキレイで好きだなぁ、、って言ったら、店員さん苦笑。じゃぁスタッズは、腕にでも巻いてください、って。

バリエーションがかなり楽しめて、上まで伸ばしきってニーハイにするのもよし、折り曲げて膝下丈にするもよし、ふくらはぎあたりをクシュクシュにもできるし、もちろんスタッズのON&OFFもできるので、服の雰囲気に合わせていろいろ使えそうです。
こういうブーツ買うと、ミニスカート履きたくなるわねー。
色がはっきりしてるから、合わせる服がちょっと難しいかもしれないけど、、、。がんばります!

ちなみに、ブーツ買ったのは8月末でした。まだ暑い時期に、ブーツを買っている自分、前向きでけっこういい感じ。
| | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0)
PROFILE
ミカへのメッセージはこちらから

最近読んだもの by booklog
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from mika7574. Make your own badge here.


follow mika0704 at http://twitter.com

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
↓ひたすらJALカード派です。買い物してヨーロッパ往復も手に入るなんて素晴らしい。





RECOMMEND
されど“服”で人生は変わる
されど“服”で人生は変わる (JUGEMレビュー »)
齋藤 薫
買い物大好きな人にも、節約派の人にも、おしゃれのヒントがたくさん載ってます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
qrcode
PROFILE