Love Ginza : Blog

銀座の話題はもちろん、日々のいろいろ
めぐり逢わせのお弁当(The Lunchbox)


インドのムンバイでは、ダッバーワーラーというお弁当の配達人がいて、旦那さんが出勤した後に、奥さんが作ったお弁当を回収、決まった時間に職場に届けるのだそう。ムンバイには5千人のダッバーワーラーがいて、1日約20万個のお弁当を間違いなく配達。それぞれのお弁当袋には、暗号のように、あて先の地域や建物が分かるように書かれていて、何人もの配達人の手を経て届けられるんだけど、間違う確率は600万分の1なのだそうです。
その600万分の1に当たってしまった、男女のめぐり逢いのストーリー。
テレビの特集で偶然このお弁当配達システムを見て、めちゃくちゃアナログ(バーコードリーダー使うわけでもなく)なのに、正確に配達されることに驚いたのと、そんな偶然に着目したストーリーが面白そうで、見たくなりました。

冷めた夫の愛を取り戻したいイラと、妻に先立たれて早期退職も控えた気難しいサージャン。この二人が、偶然間違って配達されたお弁当がきっかけで、毎日のお弁当を通じて手紙をやりとりしながら話は進みます。それぞれの生活での、孤独感ややりきれない気持ちがていねいに描かれていて、短い言葉ながらも、思いやりに溢れた手紙のやりとりが、じわじわときました。ちょっとしたシーン、例えば、サージャンがベランダでタバコを吸いながら、向いの窓から見える家族団らんの光景を見つめてしまうところとか、イラが眠る前に身につけているアクセサリーを全部外して寂しそうな顔をするところとか、日常の中にある何とも言えない気持ちがたくさん描かれていて、見ていると胸がぎゅぅってする感じ。

二人を取り囲む人たちもとても個性があって、ところどころクスっと笑えるシーンもあるし、それぞれの憂いや寂しさを持って生きている。ところどころ入ってくるダッバーワーラーの手拍子と歌もパワーがあって、華やかさやハッピーエンドではないけれど、ささやかな希望をもらえるような、温かい映画でした。

ちなみに、インドのお弁当箱は、小さな丸い入れ物が縦につみあがっているので、袋も縦長なんだね。見ていたら、カレーが食べたくなってしまいました。。。

めぐり逢わせのお弁当 オフィシャルサイト
| 映画 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0)
「少女は自転車にのって」観ました
みなさま、本年もよろしくお願いいたします。
年末にベトナム旅行に行ったので、そのネタも書きたいなーと思いつつ、先に昨日見に行った映画「少女は自転車にのって」の話を。



この映画、サウジアラビア初の女性監督ハイファ・アル=マンスール監督の作品です。サウジアラビアでは映画館設置が禁止されているそうで、そんな中で女性が監督デビューすること自体がすごいことなんだろうなー、と思います。映画もサウジアラビアの女の子「ワジダ」が、女性がしてはいけないことがたくさんある社会の中で(自転車も女性が乗るなんてとんでもないということ)、自分らしく生きようとするストーリーです。アラブ諸国といえば、女性はスカーフで顔を覆うということは知っていても、生活習慣のことって全然知らなくて、映画の中でどんな制約があるのか知ることもでき、自分の生活がいかに自由で満たされているのかを改めて感じたりもしました。ワジダのパワフルな生き方に元気をもらうだけでなく、母と娘の絆にほろっときたり、チャーミングな友達の少年の存在にも癒され、重い社会問題を扱いながらも、終わったあとは、ささやかな希望や爽やかな気持ちが持てる素敵な映画でした。

昨年のNHK BSのワールドwaveで紹介をしていて、観てみたいなーと思っていたのですが、新年1本目にいい映画を観れてよかったです。都内だと岩波ホールでしかやっていないのですが(岩波ホールはホント個性的でいい映画やってるよね~)、まだ2/7までやっているのでお時間あったら、ぜひ観てみてください!

「少女は自転車にのって」オフィシャルサイト → http://shoujo-jitensha.com/intro/
NHK ワールドwaveの特集記事 → サウジアラビア 制約を受ける女性たちは今
 
| 映画 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0)
「新しい靴を買わなくちゃ」観ました
北川 悦吏子作・監督、中山美穂・向井理主演の映画、パリが舞台ということで、パリに行きたい気分を高めようかな〜と思いつつ観てみました。

歳の差のある二人のパリでの恋物語、クスっと笑わせてくれる演出もありつつ、予想以上にキュンとさせられてしまいました。
セン(向井くん)が宿泊するホテルは、私がパリに滞在するときによく泊まるホテル(Hotel Lumen Paris)のすぐ近くで、ひっそりウフフと思えたり。みぽりん、その仕事でそんな広い部屋に住めるのはなぜ??と思ったり、ツッコミどころもいろいろありましたが、ちょっとだけ空気感がずれてしまうミポりんのアラフォーな感じに好感もてました。
ストーリーはゆっくり静かに進んでいきます。年下男子に対するアオイさん(ミポりん)の態度とかちょっとした行動が、すっごいリアリティーあって、「あー、そうだよね、飲んじゃうよね〜」「あー、その発言、イタイけど、同じことしちゃいそう・・・」とか、細かく共感してしまいました。

なんやかんやでいろいろ過去を積み重ねてきたアラフォー女子には、ちょっぴり切なく、ちょっぴりほろ苦く感じられるのではないでしょうか・・・。
個人的には、過去のことを話すのをためらっていたアオイさんに、向井君が「聞くの怖くないよ」って言ってくれたところが、もう・・・もう涙腺ゆるみました。

そして、終わり方も、、けっこうこれが現実かな・・・なんて思ったりして。

平行して進む、妹のスズメちゃんのストーリーも、あとからじわっときてたりします。
そう、なんだかね〜、観終わった直後よりも、ちょっと時間がたったところで思い出して、いろいろ思っちゃったりして、じわじわきてるんだよね〜。いやん。

・・・というわけで、パリに行きたい気分というよりも、むしろ包容力のある男子に「かわいいですね」と言われて、頭なでなで&添い寝してもらいたい気分が高まったりしました(笑)。アラフォー女子の叶わぬ妄想を盛り上げてくれるいい映画でした。同世代のみなさん、ぜひw。

| 映画 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0)
「最強のふたり」(Untouchable)
昨年からフランス語の先生が「いい」と言っていた映画、「最強のふたり」(Untouchable)をやっと観ました。数週間前の授業で映画についてディスカッションしたときも、クラスメイトも別の先生も絶賛だったので期待していましたが、予想以上に面白かった!

舞台はフランス、障害を持った富豪とスラム街の黒人のストーリーなんだけど、程よい下ネタもありつつ、明るく笑えるシーンの連続。しっとりしがちなテーマをコミカルに描いていて、観終わったあとに残ったのは爽快感。Supersympaです。
黒人役のOMAR SYの演技もチャーミングで、Earth Wind & FireのBoogie Wonderlandで踊るシーンは、セクシーでキュンとしました。(←なんだか心にぐっときて、感動でもなく涙出そうになったシーン。)

フランスでも大ヒットしたそうで、後味がこんなに爽快なフランス映画も珍しいなぁ、と思いつつも、ハリウッド映画だったらもっとお涙頂戴モノになっていただろうから、やっぱりフランス的な皮肉たっぷりだからこその面白さがあるのかもな、、なーんて。

うーん、これ今年観た中では一番好きな映画かもな〜。DVD出たら買っちゃうな。もう一度ゆっくり見たい。
まだやってる映画館あるので、皆さんもぜひ。DVDでもいいのでほんとオススメです!

| 映画 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0)
「The Lady アウンサンスーチー 引き裂かれた愛」観ました
リュックベッソン監督の映画。見応えありました。
アウンサンスーチーさんが軟禁されていたことや、ミャンマーの民主化運動のことは、テレビのニュースで知る程度しか知識がなかったので、ミャンマーという国の問題や、どれだけ長い間軟禁が続いていたのか、などなど勉強になりました。夫のマイケルアリス教授と子供達とも引き離されても強い意思で国民のための立場を貫くことは、言葉で聞くよりどれだけ大変でつらかったことか、スーチーさん役のミッシェル・ヨーの演技が素晴らしくて、ストーリーに入り込んで観れました。サブタイトルにもなっている、夫や子供と引き裂かれながら国のために戦う姿、それでも強く結ばれている家族の愛にじーんとしてしまった。
映画の中では残酷なシーンもありましたが、フィクションが入っているとは言え、これが現実なんだと思ったり。アラブの民主化もそうだけど、ニュースでほんの少しの情報にしか触れていないと実感わかないけど、現地ではたくさんの人が虐殺され死んでいるといことをまざまざと感じました。
上映館が限られてますが、ぜひたくさんの人に観てもらえたらいいな、と思いました。



| 映画 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0)
映画:New Year's EVE (ニューイヤーズイブ)
年が明けてから、久しぶりに映画館で観ました。
大晦日のニューヨークを舞台にした、8組のストーリー。それぞれの人生や愛する人への想いが、交錯しながら進んでいきます。ラブ・アクチュアリーが好きな人だったら、気に入ってもらえると思います。

キャストも豪華で楽しみにしていたのですが、個人的にはJon Bon Jovi大好きなので、今回のちょっぴりダメ男な役はかわいくてよかった!そのまま歌手の役なので、歌も聴かせてくれて満足度高かった。こういう役合ってるよね〜。
あとは、アシュトン・カッチャー。最初は超ダメ男なんだけど、見てるうちにもう、あのやわらかい笑顔にぞっこんです。あー、こういうお顔好きだわ〜、、私もエレベーターに一緒に閉じ込められたいっ(開く前提で)。いやいや、イケメンに流されてはいけない・・・と独りで自己問答しておりました(笑)

んー、できれば年越しの前に、誰かと一緒に見たかったかもな〜。
それにしても、こういう映画を見るとNEW YORKに行ってみたくなりますね。(一度も行ったことがないので)。寒いと思うけど、いつかNEW YORKのカウントダウンに行ってみたいな、って思いました。
こちらは、まだ上映している映画館があるので、ぜひぜひ。

| 映画 | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0)
映画:Crazy, Stupid, Love (ラブ・アゲイン)
昨年末に乗った飛行機の中で見た映画なのですが、予想以上に面白くて、個人的には2011年に見た映画の中で1位2位を争うぐらいのお気に入りになりました。


あらすじは、オトコとしての魅力をすっかり失った中年男性が奥さんに離婚を宣告されて、Barで出会った30代の遊び人の男に、改造レッスンを受ける・・・というものなんだけど、ほんとテンポのよいラブコメで、面白い上に後半はホロリとしてしまうシーンもあり。というか、ホロリどころか、飛行機の座席でひとりでボロボロ泣いてしまいましたw・
 
んでもって、遊び人役のライアン・ゴズリングが、とってもかっこよい。しかも、途中でダーティーダンシング(80年代のダンス映画)を引用するシーンがあって。個人的に「ダーティーダンシング」大好きで(脱線しますが、今調べたら、ケニーオルテガ(←マイケルの最後のコンサートの演出をした人)が振り付けだったんだねー・・・)、だからあの「The Time Of Your Life」が流れたときに、キュンとなってしまい、映画の登場人物と同様に、メロメロになっちまいました。
 
日本での上映は終わってしまったようですし、まだ日本版のDVDも出ていないので、「ぜひ観て〜」と言えないのが残念なのですが、DVDが出たら、ラブコメ好きの方にはオススメです。私もDVDでもう一度見たい。
原題の「Crazy, Stupid, Love」ってのも、そのままって感じで、はちゃめちゃなのに、やっぱり誰かを愛するっていいな〜と思っちゃう映画です。
 
 
ちなみに、帰りの便では、フットルースのリメイク版がやっていたのでこちらも観てしまいました。なんだか80年代ダンス映画ブームが私の中で起こっております(笑)
| 映画 | 15:40 | comments(3) | trackbacks(0)
映画「バーレスク」 "burlesque"

この年の瀬に、大掃除もやり切らずに見てきました。映画「バーレスク」。シェールとクリスティーナアギレラのミュージカルムービー。LAのクラブを舞台にした、歌とダンスで魅せるゴージャスな映画でした。期待していたよりも、ストーリーも痛快な感じで面白かった。こういうシンプルなストーリーが好きなんです。なんの意外性もない、ドキドキハラハラしないのが大好きなのです。
それにしても、クリスティーナアギレラは歌は迫力あるし、ダンスも表情もセクシーだし。しかもカワイイ。彼女の世界にぐいぐい引き込まれました。シェールはもう貫禄だよね。昔「Believe」とかすごい聴いてたことを思い出しながら見てました。「Love is the Groove」とか大好きだったし。というか、そもそもCherって、背が高くてどーんと立ってるイメージが強くて、映画できびきびと動いているCherを見ること自体が衝撃だったりしました(笑)。
音楽ももちろんよかった〜。観ている間も、体がリズムを取って動きそうになってしまったし、1曲終わると拍手したくなる衝動に駆られたのをぐっと我慢。一緒に観に行ったりえちゃんと「こりゃ、家でバーレスクごっこするしかないね」って帰り道話してました。久しぶりにサントラ欲しくなったなー。周りの男性キャストもみんなキュートで楽しかったし、あと、キーアイテムでルブタンの靴が出てくるのも靴好きにはたまりません。
今年の最後の最後に、元気になる映画を観れてよかった〜。後味もスカッとするし、いきなり今年で1番おもしろかった映画に急上昇した気がする。音楽とダンスが好きな女子にはオススメの映画です!

というわけで、みなさん、よいお年を〜!
そして女子の皆さん、クリスティーナアギレラに負けないぐらい、パワフルでセクシーな来年にしましょーねー(苦笑)!

| 映画 | 03:26 | comments(0) | trackbacks(0)
遠距離恋愛 彼女の決断

ドリューバリュモア主演の「遠距離恋愛 彼女の決断」を見ましたー。ドリューバリュモア系のラブコメは大好きなので、上映初日にイクスピアリまで車で行ってきたよ(←上映館が意外と少なかった)

タイトル通り、遠距離恋愛の映画。期間限定のひと夏の恋のはずが、本気になっちゃって・・・、その後の遠距離恋愛の悩みをコミカルに描いてます。
下ネタ満載と予告レビューにも書いてあったので、楽しみにしていましたが、そんなにひどくはなかったです(笑)。私自身がわりとお下品なこともあり、こういうぶっちゃけな感じのカップルって理想的だったりするなー。久しぶりの再会で我慢できずにキッチンでしちゃうシーンは、見た人なら分かってもらえると思うけど、劇場みんなで爆笑してました。テンポのよさがいいよね。

彼氏役のジャスティンロングとは、プライベートでもともと付き合ってて、一回破局したけど、この映画で寄りを戻したとか、、、。前半のラブラブなシーンは、素なんじゃないか?って思うぐらい。ナチュラルに楽しそうな空気感が出てました。そういえば、付き合うきっかけになったと言われてる「そんな彼なら捨てちゃえば?」も見に行って、「ジャスティンロング、キュートじゃん」と思った記憶が・・・。

エンディングがどうなるのかなーというのも、けっこう興味があったんだけど、意外と現実的なところに落ち着いて、その点は若干もやっとしましたが。
んー、映画をみたあとは、好きな人と会いたくなっちゃうので、要注意です(笑)

| 映画 | 00:49 | comments(1) | trackbacks(0)
やっと観ました「食べて、祈って、恋をして」

ずっと観たいと思っていたのですが、いつの間にか近所の映画館では上映が終わってしまい、有楽町で。
予告編のあらすじ紹介で、ジュリアロバーツが35歳の設定で、離婚して、年下のイケメンにはまって、ダメになって、旅に出る・・・ってところまでは知っていたのですが、予想以上に細かいちょっとしたところで重ねてしまう部分があり、途中で何度もうるうるきちゃったし、見終わった後もしばらくは、くら〜っとしてました(笑)。

映画自体の一般的な評価は賛否両論みたいだけど、離婚経験のある人は感じるものがある映画だったんじゃないかな。って思う。

これから先、自分はどんなふうに生きていくのかな、って思ったりしました。
そして、Attraversiamoって言えたらステキ、ね。

・・・にしても、おいしいイタリアンを食べに行きたくなった。(←影響されがち)

| 映画 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0)
PROFILE
ミカへのメッセージはこちらから

最近読んだもの by booklog
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from mika7574. Make your own badge here.


follow mika0704 at http://twitter.com

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
↓ひたすらJALカード派です。買い物してヨーロッパ往復も手に入るなんて素晴らしい。





RECOMMEND
されど“服”で人生は変わる
されど“服”で人生は変わる (JUGEMレビュー »)
齋藤 薫
買い物大好きな人にも、節約派の人にも、おしゃれのヒントがたくさん載ってます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
qrcode
PROFILE